日々のくず

洋服、美容、映画、本、フランス語の勉強など、日常の気になることを書き留めていきます。日常が忙しないので、忘れないように。

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKテレビでフランス語MEMO 17 

2013.01.16

2012.2.15放送分

<Louis ARAGONの言葉>
〜Le Fou d'Elsa(エルザに狂う者)より〜

aragon


Donne-moi tes mains pour l'inquiétude.
Donne-moi tes mains dont j'ai tant rêvé.
Dont j'ai tant rêvé dans ma solitude.


不安な僕のに君の手を差し伸べておくれ
僕があんなにも夢見た 孤独の中で
あんなにも夢見た君の手を差し伸べておくれ

inquiétude
不安、心配

rever de 〜
〜の夢見る

dont
前置詞 de で結ばれる関係代名詞

solitude
孤独、さびしさ
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

NHKテレビでフランス語MEMO 16 

2013.01.09

2012.2.8放送分

<Henri de Toulouse-Lautrecの言葉>
〜13歳の時の手紙の一節〜

Lautrec


Elle vient parfois et je l'écoute parler sans oser la regarder, elle est si grande et bell et moi je ne suis ni grand ni beau.

彼女は時々来てくれるのだが、そんな時僕は彼女の顔を見ることができず声だけ聞いている。
彼女はあんない大きく美しい、この僕は大きくも美しくもない。

oser + 不定詞
思い切って〜する

s'évanouir
気を失う

jane_avril

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

NHKテレビでフランス語MEMO 15 

2013.01.08

2012.2.1放送分

<Coletteの言葉>
〜La fin de Chéri(シェリの最後)より〜

Colette


Chéri y avait appris que l'amour s'occupe d'argent, de trahisons, de crimes et de lâches consentements.

シェリは、愛というものはお金や裏切りや犯罪や卑劣な妥協に関わっているのだと学んだ。


s'occuper de〜
〜に関わる

trahison
裏切り、不実

lâche
卑劣な、卑怯な

consentement
同意、承諾

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

NHKテレビでフランス語MEMO 14 

2012.09.02

2012.1.25放送分

<Pierre DE RONSARDの言葉>
ルネサンス期の詩人。

~Les amours より~
pierre-de-ronsard-1-sized.jpg


A ce bel œil, l'Adieu je n'ai su dire,....
Je vous supplie, Ciel, air, vents, monts et plaines / Taillis, forets, rivages et fontaines,/ Antres, prés, fleurs, dites-le lui pour moi.


あの美しい眼に 別れの言葉は言えなかった。
お願いだよ、空よ 空気よ 風よ 山よ 野原よ
林よ 森よ 岸辺よ 泉よ 洞穴よ 牧よ 花よ
私のために彼女にそれを伝えておくれ。


taillis 雑木林

rivage 岸辺

antre 洞穴、隠れ家

pré 牧場


なんてロマンチックな言葉でしょう。
彼の名前で画像検索をしたら、薔薇の画像がたくさん出てきました。
「ピエール ドゥ ロンサール」とういツルバラの品種があるのですね。
勉強になりました。

6a01127944fa5728a40115711eea4c970b-800wi.jpg

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

BEAUTIFUL LOSERS 

2012.08.19

だいぶ前にこの映画の公開は知っていたけど、
何となく見ずにいて忘れてた...。

最近、DVDレンタルの "あなたへのオススメ"で出てきて
ふと見てみようなかという気分になった。

何でそんなヨソヨソしい感じだったんだろう?
昔は彼らのカルチャーに憧れ、
たぶん、私の感性の少なからずは影響されていたはずなのに。

そして、「BEAUTIFUL LOSERS」を見た。
最初はとても懐かしい感じ。
アーティスト達の名前もうろ覚えだったし...。
でも、バリー・マギーとマーガレット・キルガレンは別。
彼らが話す映像は新鮮だった。

マーガレットの作品は、やっぱり好きだなぁ。
色と空気感。
私は日本人だから、
彼女が暮らした町や環境は共感できないけれど、
作品を見ただけで好きだなぁと思ってしまう。

そんなノスタルジックな気分に浸りながら、「大人になったからもういいや」と思っていた自分を反省。

BEAUTIFUL LOSERS
って響きがいいな。

マーガレット1

tofriend_poster_th.jpg

kilgallen_panel_bookbinder_front-2.jpg


 | HOME |  »

RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム
よろしかったらメールでも。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
はじめまして。 フランス語の勉強、忙しい日常で忘れがちなこと、好きなこと、etc. 書き留めていきます。

サンドリーヌ

Author:サンドリーヌ

最近のコメント
時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。